フィリピン留学 とっておき!情報発信ブログ

格安フィリピン留学、フィリピン現地の日本人スタッフによるフィリピン留学に関する情報を紹介するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィリピンのコンビニ

こんにちわ マニラのカレッサです

hu_1247525535_1271517688.jpg

前にいらしていた生徒さんで、「フィリピンはミニストップが多いですよねぇ。
日本ではあまり見かけないのに・・・」とおしゃっていて

確かにそうなんですよくミニストップは見かけるのですが他のコンビニは
セブンイレブンをたまに見かけるくらいなんです。。

なんとっその生徒さんが調べて送ってくださいました

ミニストップの韓国に次ぐ、海外出店の2カ国目がフィリピンでした。
1994年11月にフィリピンのコンサルタント企業MCAが100%出資でマニラの
ビジネス街の1角に第1号店をオープンしました。

しかし、その後4店舗まで増えただけで、フィリピンの経済状況の悪化により
その4店舗は閉鎖されました。そして1998年1月フィリピンから撤退しました。

その後、新しい提携先を探していたミニストップは2000年3月にフィリピンの
財閥ゴコンウェイ・グループと新たにフランチャイズ契約を締結しました。

これと同時に「ロビンソン・コンビニエンス・ストア」を設立し、「ミニストップ」の
称号でマニラを中心に店内加工ファーストフードを組み合わせたコンボスタイルの
チェーン展開に乗り出し、これにはミニストップのみならず、三菱商事も資本参加しました。
ミニストップは2004年に約3年で100店舗を達成しました。

一方、1984年にすでに第1号店を出店していたセブンイレブンは1度は撤退しましたが
2003年にはすでに172店舗に達していました。それでも競争の激化で収支が赤字
続きだったため、2000年に台湾の統一超商がフィリピンセブンの株式を50%強買取り
経営権を取得しました。

要約させていただきましたが・・・↑↑だそうなんです

今のところフィリピンに出店しているコンビニはセブンイレブンとミニストップのみで
数で言えばセブンイレブンのほうが多いんですね

でもミニストップはマニラを中心に出店しているのでよく見かけたのかもしれません

元は日本のコンビニエンスストアでしたが、共同経営もしくは経営権の移動などが
あったため、売ってる商品なども違かったんですねなるへそです

フィリピンのセブンイレブンではミスタードーナツが買えます

経営のノウハウだけが同じなんだと学びました

納得です...Kさんどうもありがとうございました~


| フィリピン留学 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eienpower.blog111.fc2.com/tb.php/531-658841e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。