フィリピン留学 とっておき!情報発信ブログ

格安フィリピン留学、フィリピン現地の日本人スタッフによるフィリピン留学に関する情報を紹介するブログです。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

farewell

「良き旅を」のニュアンス。
長い別れのあいさつとしても用いられるらしい。

CNNのHisaです。先日、学校で farewell party が開かれました。

farewell party は生徒さんが卒業する際に開かれるパーティです。
先生の都合や、生徒さんが希望されないケースなどもあり、
毎回開かれるわけではないのですが、今回はこの farewell という
言葉のニュアンスについて。

日本人の私の感覚からですとパーティの名前は
・お別れ会
・卒業パーティ
・壮行会(ちょっと大げさですね)
etc etc

となるのですが、farewell のニュアンスはちょっと違う気がします。

お別れ会だと「私たちとあなたたちの別れ」に力点が置かれている気がしますし、
卒業ですと「今まで学んできた場所、同僚から離れていく」という感じ、
壮行ですと「力強く送り出す」感じがしてしまいます。
力強く「頑張って来い」と背中を叩かれているイメージですね。

farewell はなんとなく「旅立つ方が主役」という感じがして
私はとても好きです。

翻訳する必要はまったくないのですが、無理やりやるなら
「あなたの旅に幸多からんこと」を私たちは願ってますよ、という感じですかね。


以上、先生から farewell party やるからと言われて
あわてて辞書を引いたHisaの日常の1コマでした。
スポンサーサイト

| 日記 | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。