フィリピン留学 とっておき!情報発信ブログ

格安フィリピン留学、フィリピン現地の日本人スタッフによるフィリピン留学に関する情報を紹介するブログです。

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CELLA】アウトリーチ・プログラムで心と考え方を磨く!

それは、大学2年の夏の日のことです。 

いつものように、近所の悪ガキ軍団にいじめられ、屋根裏に閉じ込められていた時のことです。。。
泣き疲れた私は、屋根裏を物色し始め、そこで古い古文書のようなものを発見しました。。。
そこには こう書かれていました。。。

『汝、アウトリーチ・プログラムに参加すべし。
            さすれば、新しき道 開かれん。。。

                                    かしこ 』


私はこの時は一体何のことを言っているのかわかりませんでした。。。


しかし、その答えがまさかCELLAにあるとは夢にも思いませんでした!

あっ、わたくし ブラピの最新映画の最終ロードショー(21時スタート)を観に行ったら、客がオイラと太ったアメリカ人のおじさんだけで、殿様気分を味わった CELLAセブ男と申します。


そう、CELLAでは2ヶ月に1回、『アウトリーチ・プログラム』というボランティア活動を行っております。
内容は様々。 老人ホームや孤児院、恵まれない方々の多く住む地域などを訪問し、ゲームや会話を通して、コミュニケーションを交わし、お互い掛け替えのないものを得ようというのが目的のとても素晴らしい活動なのです。


今回訪れたのは、犯罪を犯してしまった少年たちの更生施設。。。

正直、最初はなんか恐い気がしてしまいました。。。 
日本のテレビで観た、ああいう感じの場所と雰囲気を想像してしまったからです。。。

参加者は先生も含めて、60名ほど。

でもイメージは違いました。

P1010206.jpg
私の乗ったヴァンは一番に着いてしまい、まだ他は到着しそうにありません。
すると女性の園長が、早速招きいれてくれ、私は一番にこの施設を進んで行ったのであります。
この時は、ちょっとまだ恐る恐るでした。。。

進んで行くと中庭で数人の子供たちがバスケをしていました。

「Hello! Nice to meet you!」 と言ってみました。

「Hi! Nice to meet you!!」 元気な挨拶が返ってきました。 (おっ!)

私は、「パス!」と言ってボールを受け取り、スラッ!ときれいなフォームでシュートを放ちました!

ボールは太陽の光を反射させながら、鮮やかに、フワッと妖美な弧を描き、


そして!!

P1010209.jpg


ボードにも当たらず、ストンッ!となんとも腰の抜けるような音で落下してコロコロ転がっていきました。


「ハハハハ!」  みんな大笑いです。 つかみはOK。

いい笑顔です。 (なんだ、みんな普通の子供たちじゃないか) 

100発105中で、シュートを決められるオイラがわざと外した甲斐がありました。


P1010208.jpg

P1010214.jpg

先生のMCの下、園長が話し出します。

聞けば、今18人の男の子たちがここで更生を目的に共同生活をしているそうです。
期間はだいたい6ヶ月。 学校にも通っています。
彼らの犯した罪はだいたいがスリや万引き。 貧困層や両親のいない子が多いそうです。。。
考えさせられます。


さぁ、お互いが対面した後は、早速ゲームで心を通わせます!

P1010224.jpg
※イス取りゲームです。

※イス取りゲーム ・・・ 参加者はまず催眠術師によって、音楽が止まったらイスに座るように暗示をかけられます。 この際注意していただきたいのは、今や催眠術師は世界的に希少な存在なので、少なくとも半年前には予約が必要です。 勝者確定後、暗示を解かれますが、この時に「どうしてオレたちは、こんなにもイスを欲していたんだ。 醜い争いをしてしまった。 そうだ、これからは電車やバスでは、お年寄りや体の不自由な方々に席をお譲りしよう!」と気付かせてくれるなんとも抜本的なゲームなのであります!!


P1010218.jpg
※伝言ゲーム

※伝言ゲーム ・・・ 例えば伝言が 「もし、誰が隣の壁に竹立てかけたか知っていたら、東京特許許可局までご一報下さい」 だとしたら、それを10人くらいに順に伝言していきます。 でも、たいていはどこかでミスインフォで伝わってしまいますよね。 そう もうおわかり、伝言を受けたら誰から、そして何時に受け取った等を記載の上、きちんとメモを残そうねという教訓を教えてくれる、考案者様様の大革命的ゲームなのであります!!!


わたしたちの心は通いました 

みんな童心に返り、恥ずかしがらずゲームを楽しんでいる姿は美しかったです


CELLAからの弁当や生徒たちからのプレゼントを差し上げ、次は会話タイムです!

みんな積極的でした! 各々に輪をつくり、会話を楽しんでいました!

P1010228.jpg

私は学校は楽しいかと尋ねました。
楽しいと言っていました。
勉強は好きかと尋ねました。
大好きだと言っていました。

他にもいろいろと話しましたよ。


彼らからはお礼のダンスをいただきました。
P1010232.jpg


時間は2時間と短いものでしたが、文化と国籍を越え、お互いにたくさんのものを得たと思います。
得たものは、お互いのこれからの糧になっていくのでしょうね。


そして、私たちは予想以上の友情を手にし、別れていきました。。。



将来は、美術が好きだから画家になりたいや、バスケの選手になりたいんだ、などのみんな大きな夢を持っていました。 本当になんの変哲も無い、普通の陽気な少年たちです。 もちろん、理由はどうであれ、犯罪は犯してはいけないものです。 しかし、それを更生し、次の未来へとつなぐ大きな希望を彼らに見ました。

今回この素晴らしい機会を与えてくれたCELLAと、施設のご協力、そして少年たちに感謝をしつつ、次回はみなさんと参加できたらなと思います


では、私はシュートの練習に行ってきます。 また!



">banner_eien.gif

address_03.jpg

スポンサーサイト

| 学校日記 | 03:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。