フィリピン留学 とっておき!情報発信ブログ

格安フィリピン留学、フィリピン現地の日本人スタッフによるフィリピン留学に関する情報を紹介するブログです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プチEnglishです☆★

こんにちわカレッサです

今日のテーマはスラングです・・・欧米かっ

・The movie was a bomb.
(あの映画は最悪でした。)

・The car driver of the car was bombed.
(あの運転手は酒に酔っていた。)

Bombというと爆弾のイメージしかなかったですが
こんな使われ方もあるんですね~

・If you make another boo-boo like that, you won't have job.
(もしあんな失敗をまたしたら、、もう仕事を頼まない。)

Boo-booは「へま・どじ」という意味になります
なんか響きがかわいいですよねへへへ

・I need some bread to pay for my car.
(車代を払うのに少しお金が必要だ。)

bread:パンなのに・・・と思いますがこの文ではお金として
使われています
他にもdough,penny,bucksもお金やコインとして使われます

・Don't be a chicken.
(弱気になるなよ。)

日本の格闘技の試合で鶏の人形を持って挑発したりするのは
弱虫・臆病者って意味からなんですね~なるへそ

いくつかですが英語のスラングを紹介させていただきました

スラングはかしこまった機会には向かない言い回しですが
あの映画・あのドラマの中で使われているかもしれません

字幕で映画やドラマを見るときは要チェケラッチョです
スポンサーサイト

| ワンポイント英語! | 11:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。